プロフィール
fobook
fobook
Fabulous OLD BOOK
〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-1-19 西阪ビル4F
※地図&アクセスはこちら
078-327-7883
水曜定休 13:00~19:00
2017年3月22日(水)・29日(水) 4月5日(水)・12日(水)・19日(水)・26日(水)休業予定
http://www.fobook.com/
(1)ショップブログ
(2)商品ブログ
(3)スタッフ雑記
< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

開催中!アメリカとロシアの素晴らしい絵本展

2015年05月08日



開催中のフェア『アメリカとロシアの素晴らしい絵本展』は、中盤戦に入っています。

絵本と雑貨を少し入れ替えてみました。
見やすくなった と、好評です!



ピノキオのバッジもいっぱい!






素敵な絵本です。



  
Posted by fobook at 14:31Comments(0)イベントキャラクター

春の絵本&雑貨特集

2015年02月26日

2月26日(木)より、店内では「春の絵本と雑貨フェア」が始まります。









春をモチーフにした絵本って聞いても、イメージしくいでしょか?

今、ディスプレイしているのは、「花」の絵本が多いのですが、「可愛い虫」の絵もたくさんあるんですよ。2015年の啓蟄は3月6日だそうですからね。








3月17日までは、セントパトリックス・デー(聖パトリックの祝日)の特集も。
この時期だけ、聖パトリックの国「アイルランド」を象徴する「クローバー」「グリーン」のアイテムが登場します。






その後は、イースターのキャラクター「ひよこ」や、「たまご」です。

ファビュラス・オールド・ブック店主は、時期ごとに絵本を入れ替えています。古本屋に、季節感が要るのでしょうか。スタッフはずっと不思議に思っていますw(^-^)




  

Posted by fobook at 00:44Comments(0)絵本キャラクター

雨が少ない?

2014年06月16日

今年は、雨が少ない感じですか?

梅雨はどこへ行ったのかな~





  
Posted by fobook at 23:59Comments(0)絵本キャラクター

古い SNOOPY の 本と雑貨

2014年06月15日




古いSNOOPY の雑貨や本も扱っています。






クッションや、ファブリックシーツもあります♪





父の日まで飾っていた「DADDY」 Tシャツから、今日、これに着替えました~

  

Posted by fobook at 23:57Comments(0)絵本キャラクター雑貨

春の絵本と雑貨フェア(虫の絵本もあります)

2014年03月01日

3月になりました!

少し早いのですが、春の絵本を並べています。




花の絵本もたくさんあるのですが、
虫の絵本もいっぱいあるんですよ。

あんまり日本の絵本では主役にならない虫たちですが、
なかなか可愛く仕上がっているものや、わりとリアルに美しく描かれているものまで。





アメリカの古い絵本の中の春がつまった楽しい世界。
ゆっくり見比べて下さいね。
  

Posted by fobook at 01:11Comments(0)絵本キャラクター

ロジャンコフスキー のクマ缶

2012年09月07日

アメリカでも多くの絵本を出版している「Feodor Rojankovsky」フェドール・ロジャンコフスキーさん。
リトル・ゴールデン・ブックのシリーズで描いている「3匹のクマ」が、
ブリキ製の箱になって出されていたようです。




イギリスで、キャンディーボックスとして出されていたとの情報もありますが、
なんの為に作られたのかは?不明...




恐らく、1950年代頃に作られたのではないかと思います。





現在、クマのフェアで、クマが店頭に沢山並んでいるので、これも並べています。
ちなみに後ろに写っているのは、アメリカの洗剤メーカーのキャラクター「ファーファ(Snuggle)」のパペット人形です。


Feodor Rojankovsky
フェドール・ロジャンコフスキー
1891年ロシアのミタワに生まれ。17歳のとき劇場の壁画を描くのを手伝って、将来の自分の仕事にしようと感じたらしい。モスクワ美術アカデミーに入学したのも、絵の展覧会を見に行って感動し、入学のコンテストを受けて応募したようである。1926年、グラフィックアートの新しい展開が盛んなパリへ行き、広告代理店でした仕事が、アメリカの編集者の目にとまり、1931年に彼が初めて挿絵を描い
た絵本[Daniel Boone]が石版印刷で製作された。やがてフランスにも戦火が迫ってくると、彼は南仏からスペインに抜け、セヴィリアで避難民を乗せた貨物船で、アメリカの土を踏む。
  

Posted by fobook at 20:29Comments(0)キャラクター

Barbieの本

2011年03月02日

一昨日、ラプンツェル(Rapunzel)に扮したBarbie(バービー)人形の本をご紹介しました。
他にもBarbie(バービー)の本を在庫しているので、この機会にご紹介しますicon12



▽こちらは、ラプンツェルと同様 Little Golden シリーズから。
『Thumbelina(おやゆび姫)』写真絵本です。





▽マテル社のBarbie(バービー)公式サイト
http://barbie-japan.jp/  

Posted by fobook at 00:00Comments(0)キャラクター

ラプンツェル柄の生地

2011年03月01日

昨日はバービー人形が扮するラプンツェルの本をご紹介しましたが、
今日はラプンツェルの柄がかわいい生地をご紹介します。





『塔の上のラプンツェル』の公開も楽しみです。ストーリーは、どれくらいアレンジされているのでしょうね~  

Posted by fobook at 00:00Comments(0)キャラクター

ラプンツェル・Barbie

2011年02月28日

ディズニー映画の次回作は『塔の上のラプンツェル』
長編アニメーション第50作記念作品で、3月12日に公開されるようです。
※サイトは音声付です。ご注意ください→ http://www.disney.co.jp/movies/tounoue/

ラプンツェル(Rapunzel)は、「魔女に、森の中の塔に閉じ込められた、長い髪の少女」を主人公にしたグリム童話(Die Kinder und Hausmärchen)です。

そんなラプンツェルに扮したBarbie(バービー)人形の本があるのをご存知ですか?



Little Golden シリーズ。
写真を使った画面構成です。

▽マテル社のBarbie(バービー)公式サイト
http://barbie-japan.jp/  

Posted by fobook at 00:00Comments(0)キャラクター

ディズニーシリーズ

2011年02月27日

色々なディズニーグッズがあります。

  

Posted by fobook at 00:00Comments(0)キャラクター

パディントンとまりーちゃん

2011年02月25日

お店には『くまのパディントン(Paddington Bear)』がウールのコートを着ている人形があります。



隣にあるのは、お世話になっている名古屋の矢野先生の奥様からいただいたフランソワーズ(Francoise)『まりーちゃんとひつじ』の、まりーちゃんと羊のぱたぽんの人形です。
※これは販売していません

この冬らしい店頭ディスプレイも、今月いっぱいの予定ですicon04
数日、暖かい日々が続きますが・・・このまま春が来るのでしょうかhana3  

Posted by fobook at 01:50Comments(0)キャラクター

Love Is...

2011年02月05日

『Love Is...』というシリーズ、ご存知ですか?

Kim Casali(キム・カサリ)という女性が、後に夫になった男性のために描いていたイラストです。
1970年から、ロサンゼルス・タイムスに掲載され、とても人気があったそうです。
※写真の上部に写っている陶器のイラストです。アンティークカードは『Love Is...』シリーズでは、ありません。



70年代のポップな雰囲気が特色ですが、愛に満ちたイラストとメッセージは、現在も親しまれています。
数年前はSony Plazaでも雑貨が扱われていました・・・が、Fabulous OLD BOOKで扱っているのは、アメリカのアンティークモールで発見して、ガマンできず仕入れてしまった(?)陶器シリーズです。
※「ガマンできず仕入れてしまった」というのは、「このシリーズがイマイチ」って事ではないんですよ。
本当~~~に、ワレモノは持って帰ってくるのが大変なんです・・・・(涙)

  

Posted by fobook at 00:27Comments(0)キャラクター
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
このページの上へ▲